ブロック塀修理・補修

ブロック塀の修理・補修で多いケース

●門柱ブロックに車が当たってぐらぐらする。
家の標識やポストがはいった門柱ブロック。車庫入れの際、ここに車を当ててしまって以来、ブロック全体がグラグラする、倒れはしないものの、いつかは倒れそうで気持ちが悪い。でも、全部取り換えるほどの費用はかけたくない

・・・このようなケースはよくあります。

●これは、車が当たってしまい、そのことで根元のコンクリートにヒビが入り、中の鉄筋だけでもっている状況です。

根元のところにコンクリートを詰めて固めればグラグラは直せるんじゃないですか?

●根元のところにコンクリートを詰めて固めればグラグラは直せるんじゃないですか?

よく、お客様からのこのように尋ねられます。
しかし、残念ながらブロックをつなぎとめているセメント(モルタル)は、のりのようにくっつけることはできません。 また、中の鉄筋も伸びているケースがほとんどです。

では、どうすればよいでしょうか?

●では、どうすればよいでしょうか?
費用を考えなければ全部積みなおすのが一番ベストです。
ただ、それではお金がかかってしまいます。

伊鷹エクステリアでは、門柱ブロックの後ろに鉄骨をたて、 その鉄骨で、グラグラした門柱ブロックをがっちり支えます。

これは、他の業者でやっているところはまずないでしょう。 職人伊藤が、

「グラグラするけれど全部取り換えずになんとかしたい」

というお客様の声を聞いて考え出した補強方法なのです

詳しくは、メールまたは電話でお問い合わせください。

万年塀修理の見積もり

万年塀の修理をすべての方にできればいいのですが、残念ながらできません。
修理のみをご希望のお客様は、下記エリア内での工事に限定させていただいております。
(下記エリア外になりますと、出張費が別途かかってしまいます)

修理のみ対応可能エリア(お客様の要望にお応えして、期間限定で対応エリアを広げました)
東京23区 および
三鷹市・西東京市・武蔵野市・調布市・府中市・国立市・狛江市・国分寺市
(八王子市の方:応相談)

お見積り希望の方は、できましたら万年塀修理箇所の写真を添付の上、
info@gaiko-pro.com まで、メールをください。

お急ぎの方は、伊藤の携帯電話まで直接ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いします。

※ただし、弊社で、新しくテラスを購入・施工されたお客様は、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県のエリアのどのエリアでも修理の方をお受けさせていただいていおります。

copyright (c) ITAKA EXTERIOR All Rights Reserved  会社概要  問い合わせ